【TOP】SEIJI's_HP本館へ 【TOP】SEIJIの分室へ 無料カウンター

風力発電の現状
2016.10.22,作成

10月21日、午後から返仁会と技術士会の各茨城支部主催の見学と講演会が開催された。
当日の講演会で配布された資料をスキャンして画像を取り込んだ。
我が国の風力発電の実情を知るのに最適である。
各図面で引用元を記載しながら進めてゆこう!
先ず風力発電の現状をNEDOの資料から示そう
風力発電
全体で昨年度末で約311万kWで2102基となっている。しかし輸入品の割合が70%を超えている。
だんだん国産機が増えつつある。

次いで最近の趨勢として洋上風力発電が伸びてきている。
水深50m以下では海底に基礎構造をつくっているが、より沖合に浮上式風力発電機を建設する方向にむかっている。!!

洋上発電
NEDOの資料から北九州市沖合に建設中の洋上風力発電である。海底に基礎を設置している。
尚ブレイドは3枚羽根が多いが、2枚羽根も外国で生産されている。
NEDOで現在進めている浮上式の風力発電には2枚羽根も採用される予定である。

、日立の実情を日立の資料から紹介しよう!。

huuryoku発電
風力発電

日立は効率や台風時の安全性からダウンウインド型風車を採用している。
普通はブレイドからナセルの方にふかしている。
標準として2000kWと5000kWを製作している。

製作分担
担当事業所

ナセルを組み立てている埠頭工場を簡単に見学した。
ナセルの内部には回転数増加装置、発電機、変圧器、制御装置、
さらにはHVDC装置などが収納されている。
2000kW用で塔上のナセルだけで100トンという重量である。輸送には40トン、40トン、20トンに分解している。
参考に中国で作成の樹脂製のブレイドも展示してあったが、
5000kW用で長さ66.5mで風車の回転径は136mという馬鹿でかいものである。
ブレイドは中国から据え付け現地に直送される。塔や基礎も同様である。

尚資料が配布されなかったが、九大の大屋教授のブレイドの周りに輪っかを供えたメガネ型風車で
効率が30%上がり、更に小型のものを集合して大出力にするというアイヂアは面白かったが
、近接して設置でき、お互いの乱流で効率が20%くらい更にあがるとのことだった。
資料には掲載されていなかったので、九大風工学研究室のサイトで詳細を知ることが出来た。

レンズ風車各100kWレンズ風車
レンズ風車どちらも300kWレンズ風車

youjyou風車
2000kWレンズ風車2台を用い、太陽光発電も加味して8000kW構想

300m四方の六角枠組みの洋上浮揚式台場に太陽光発電と5000kWレンズ風車2基で全体で2万kWのものが計画されている。
尚中国との共同開発で砂漠の緑化に応用する事案も計画されているとのこだ!