スペインの旅日記(3) 副題 ラ・マンチャをスケッチする旅

スペインの旅日記(3) 副題 ラ・マンチャをスケッチする旅

§12 セゴビアを経てマドリッドへ 

3月30日(木)

 昨夜のTVの天気予報ではこの地方は曇りであった。  気象のマ−クは国によって違うが、ここでは晴れは「太陽」、 曇りは「雲二 つ」、雨は「ジグザグの斜め斜線」、雪は「放射状の6本の線の先に小丸の付い たものと小さな横線」の2種類(いづれも雪の結晶からの図案)、雷は「ライト ニングの模様」と表示されている。我が国と比べて雪が特に違うかな!  ピレネ−地方は雪と雷の予報だ。

7:00起床。 外は真っ暗である。身だしなみをして早めに朝食を取る。  部屋でパラド−ルのお庭をスケッチしたが、緑の木々が多くて、難しい。 10:00とうとう雨になった。バロセロナで小雨に会ったが、その後はずっと快晴 だった。スケッチには恵まれていた。

 10:40 パラド−ルを出発するが、今回は観光バスはパラド−ルの処まで入っ て来れない。到着の時はバリケ−ドをどかして、入り込んだが、大通まで手荷物 を持って、小雨の中を5、6分歩いてゆく。ス−ツケ−スはパラド−ルの小型車 が運んでくれた。運転手は同じバゴさんだ。A-6に入った処で、少しうたた寝を していたらしく、何時の間にかM−1を走っている。ついでM-40へ外れる。  今夜の泊まりはマドリッドだが、直行すれば1時間半で着くので、反対側のセ ゴビアで昼食で、観光する予定だ。

 途中で「エル・エスユリア修道院」が見える。エル・グレコの「聖マリウスの 受教」で有名な修道院だが、1563年の完成である。

 このあたりは山間部であるが、天候は悪くなり、雪が降ってきた。その内に吹 雪になる。昨日までの天気と大違い。窓から見える山には雪が積もっている。し かしピレネ−というわけでは無い。

 長いトンネルを抜けた。カスティ−リャのレオン地方に入る。 高速を降りる処にGateがある。バスに付いている温度計で外気温は3度Cである。  N-603でセゴビアに向かう。雪はすこし小降りになる。

前方を大きなトラックが5台のろのろと走っていて、バゴさんやきもきする。前 の乗用車も中々追い抜けない。やっとトラックの後ろに付いたら、バゴさんがサ −カスの車だと言う。側面の鯨かシャチか海の生き物が描かれている。それでは 早く走れないわけだ。片側1車線だから、追い越すには苦労した。  やっとセゴビアに到着したのは1時過ぎである。かの有名なロ−マの水道橋が 迎えてくれる。

昼食だと現地のガイドさんと一緒に歩いて行く。なかなか目的の レストランが見つからない。現地の方に訪ねたら親切にもわざわざ案内してくれ た。大分後戻り。

 Meson ELCordero Segoviaという名前は大層なレストランだ。 日本風なパスタとポテトが出た。glass wineを頼んだら、中ぐらいの酒瓶を持 ってきた。先生と同じだが、これでは一つで十分だと一つキャンセル、もっとも glass-wineは250ptsということだったが、案外ハ−フサイズの値段だったのかも しれぬが、結局450pts支払った。現地ガイドは二人、のぶ子さんとエバさん。

 水道橋を改めて見上げる。高さ29m、2段の石のア−チの連続、1m角ほど の石をセメント無しで積み上げてある。長さは720mあるが、その間の高低差 は僅か30cmであるとのこと。2000年前のロ−マ人の技術に感服する。そ れが現在もそのまま残っているのだ。メモ帳にスケッチを走り書きしたが、写真 を載せることにしよう!

 それからアルカサル見物。先ず北東側からの光景、東京ディズニ−ランドの白 雪姫のお城のモデルになったという眺めだ。ここを1枚スケッチした。

 

 内部も見物した。ここから眺めたレオンの草原の風景の方が印象に残った。昔 のレオン伯の気持ちを感じた。

 ついでカテドラルを見物。結構歩いた。酔いを覚ますのに丁度良い。 セゴビアを立って、マドリッドに午後4時に到着した。  

§13 マドリッド(1)

 今晩の夕食はフリ−になっているが、先生提案のoptionで「メソン巡りとフラ メンコショウ−」が入っている。結局お腹の調子を崩された一人を除いて全員が 参加された。先生の友人のマドリッド在住のN画伯に依頼された計画である。普 通のツア−では絶対経験出来ないだろう。午後7時にロビ−に集まって、N画伯 の先導で、我々のカステリャ−ナ・インタ−コンチネンタル・ホテルの近くの地 下鉄10号線のGregorioMuenoon駅から乗る。この前と同じだが、回数券10枚 綴りを順次10人で使う。一人が自動改札を通ったら、次の人に送り、その人が 使う。10人で750ptsだし、全市街均一である。

 地下鉄は危険だし、帰りが遅くなるので、何も持たないで手ぶらの格好でとき つく言われている。特に女性の肩掛けバッグは厳禁である。私はチョッキにコイ ン数枚と2000pts札1枚を入れ、コ−トの下にデジカメをかくしている。2つめの Tribunalで乗り換えというので帰宅途中のラッシュの時間に乗るのだから、出来 るだけ5、6人づつ固まっている。しかし向こうのOLは肩掛けバッグ姿も多い。

しかし日本人は狙われるのだ。Tribunalでかなり長い連略通路を通って、今度は 1号線に乗る。最初の1台は余りにも混んでいるので、やりすごす。次の電車に 乗り込む。乗り降りは自分でドア−を開けないといけない。  地下鉄は駅、電車ともになかなか奇麗だし、危険な感じは何もなかった。何も 持っていないという気安さも有るからだろう。

ここは乗り換え駅だから、当然降りる人がドア−を開ける。二つ目の「Sol」で 降りる。自分でドア−を開ける。お互いに皆に降りるよと声を掛ける。長い通路やエスカ レタ−で目的の出口へ、今度は切符は不要で回転柵を勝手に出る。  数分でマヨ−ル広場に出る。まだ明るい。

一昨年の記憶で此方の方向だというのがよみがえった。周りを囲んでいる昔の市 庁舎から外側に出て、半地下の昔牢獄だったというメソンに入る。最初はマッシ ュル−ムが美味しいメソンだ。この前と同じ小父さんがアコ−ディオンで「桜、 桜」などを弾いて歓迎してくれる。

セルベッサを飲みながら、お話、小父さんは 益々陽気に盛り上げる。マッシュル−ムに一寸パンもかじり、30分ほどで切り 上げる。アコ−ディオンの小父さんにはコインのチップを皿に入れる。

 次はすぐ隣のオムレツのお店だ。今度は落ち着いた感じのアコ−ディオン弾き だ。オムレツがとても美味しい、今夜のメインといった処。こちらではサングリ アが出た。

 次いで2軒先のメソンへ、此処では鰯の酢漬けとから揚げが得意だ。今度はワ インを飲んで、お腹も満腹になってきた。時間も9時半近くだ。いよいよフラメ ンコを見に行く。5分ほど歩く。すっかり夜の闇である。フラメンコ・タブロウ は前と同じ「CORRAL DE LA MORERIA」だ。10時から開演だ。1ドリンク付 きの席は横の方だ。一寸見にくい。

 最初一人づつ踊りを見せながら、順次5人の踊り手が舞台に登場した。この中 の二人は見覚えがある。5人が椅子に座ったところで、又最初の人から本番を踊り始める。通路へ出て、他人に迷惑にならないように、しゃがんでシャッタ−を切る。しかしチャンスを捕まえるのは難しい。

12時になって本当の主役が出てきた。前回と違って今度は歌い手のようだ。少し聞いてから引き上げることにした。
 タブロウの前でタクシ−を捕まえる。前回に懲りているので、助手席に私が乗り込んで「カステリャ−ナ・インタ−コンチネンタル・ホテル」と正確に告げる。 簡単に到着、tip込みで800pts支払う。4人分だ、N画伯から1000pts戴いている。今夜の料金1万ptsは前日先生に支払ってある。だから手ぶらで行けるわけだが。全員無事にホテルに戻ってきた。  今夜はそのままシャワ−を浴びて就寝。

§14  マドリッド(2)

3月31日(金)

 朝は小雨模様だったが、次第に晴れてきた。天候には恵まれている。 今日は市内観光で、9時に集合して先ずプラド美術館を訪れる。  ガイドは先ずピカソの「ゲルニカ」へ案内する。前は別館に防弾用の厚いガラ スに保護されていたが、今度は柵が大きくされている以外は特別な扱いではない。 ここで、大分時間が掛りそうだし、プラドも3回目なので、ガイドと離れて勝手 に好きな絵を見て廻ることにした。10:40ゴヤの像の処に集合となっている。

 勿論マハの2つの絵もベラスケスの「官女達」もじっくり眺められた。 次いでレイナ王妃記念近代美術センタ−を見る。

 ここで すずらん さんへの土産のスカ−フを求めた。ミロ風のデザインであ る。

 グランビア近くのレストランで昼食。にんにく ス−プ、ポ−ク、デザ−トの オレンジに白ワインという献立である。

 午後は王宮を見学、内部は始めて見物した。スペイン華やかなりし時代の豪華 さが残っている。


 有名な皮製品のレパントに寄る。ptsが大分残っているので、孫の土産物など求めた。ここで 武田 修「すぺいん 風の光る村 百選」を見つけて求めた。イベリアFORUMで 話題になっていたものだ。チンチョン、コンスグエラ、カンポ・デ・クリプタ− ナ、ペニスコラ それにこの前訪ねたカサレスなどが紹介されている。スペイン 在住の日本人には有名らしい。クエンカは村というわけにはいかないので、ロン ダも同様載っていない。

 チンチョンの紹介として、ハイライトは中心広場を取り囲む民家であろう。ほ とんどの家が3階建てになり、細長い回廊のようなバルコニ−を持っていて・・ と記載されている。将にこの光景をスケッチしてきたのである。

昔「80日間世界一周」という映画に登場したことがあって、米国の年配客に格別人気が有るとの事。 更にあのマヨ−ル広場は年一回の闘牛場となり、周りのバルコニ−は格好の見物席となると書かれている。帰国後クラスメ−トも教えてくれた。この時は凄い賑わいだそうだ。

 夕食は先生アレンジの海鮮料理のお別れ晩餐会である。やはり地下鉄でSOL駅 で降りて、MARISQUERIAというレストランである。

 海老の焼き物、いか墨、うなぎの稚児の油傷め、シ−フッドのパエリア、アイ ス入りクレ−プ、コヒ−などの献立だ。ワインも赤、白でこの旅が無事に終わり そうと乾杯を重ねた。タクシ−で11時過ぎホテルに戻った。入浴して就寝。


§15 マドリッド(3)
4月1日(土) 晴天 スペイン最後の日となった。何故か暑くて4時半に目覚める。しかし横になって いる。もう目が冴えて眠れない。とうとう6時半に起床。荷造りをして、朝食7 時に一番乗りだ。先生ご夫妻も来られる。8:15部屋に戻り、ス−ツケ−スを出す。

 今日はトレドへのoption旅行だ。前回は3日間も滞在してスケッチしているの で、余り行きたくはなかったが、部屋はチェックアウトしなければならないし、 手荷物と貴重品を持ってては身動きが取れない。なるべく参加してくれというの で止む無く参加したようなものだ。  しかしなつかしいトレドだ。常連の場所でカメラ休憩15分。この間にスケッ チ2枚描く。

 

町の中の見物は止めてバスの待つ西門に先回りしてスケッチするこ とにした。頑張って3枚描く。1時間程で見物の仲間も到着した。

 そこでマドリッドのホテルに戻ったが、もう部屋には戻れない。夕方までどう するか?が問題だ。手荷物はバスに置いておけると思ったのに、別の用件が有っ て、荷物は自分で持ってくれとの話しだ。何の為にoptionに申し込んだのか分か らない。昨日の予定と逆にしてくれれば良かったのにと思ったが。

 ホテルで先生と一緒にセルベッサとサンドイッチを頼んで、5時までロビ−に 粘ることにした。結婚式の披露宴が有り、花嫁さんが見えた。写真を撮っても良 かったが、気力が無かった。スペイン語が出てこない。

 待ちくたびれて5:30ホテル出発。空港に着いたら急に1便早くなるという。し かし荷物の受け付けでタグが旨く印刷されなくて待たされる。ここでお土産のワ インを買うつもりだったのに時間が無くなる。パリまで早く行っても成田行きは 同じ便なのだ。とうとうタグは手書きになった。CDG経由NRTというタグだ。 この手書きが後でトラブルの原因になるのだが、???

 リオハのワイン2本、生ハム2枚、チョコ4個をともかく大急ぎで免税店で購 入した。残りのptsをコインまで使い切り、不足分はカ−ドで支払った。9:20C DG到着、成田行きは10:40発だ。ここでも一寸買い物して待っている。  最後は時間がチグハグな感じで落着かない。

§16 帰国 

AF274便、これからも度々ご厄介になるだろう。 座席は仲間のYさん(女性)の隣、内側の席、左は知らない夫婦連れ。  23:35にCDGを飛び立ったらまもなく食事、サ−モンに白いご飯が付いてい る。スコッチの水割りで前菜やら戴く。Yさんも元気だが、わたしの方が食欲が 有るようだ。今度の旅の中では最高年齢者というのにと、何時も元気ですね!と 感心される。

 我々の前の席は外人ばかり、後で分かったが、この方々は成田から更にこの便 の最終目的地のニュ−カレドニアのヌミアまで行かれる。

 此処までくればもう安心ね! 大した事故もなく、体調を崩されたのは私に次 いで高齢のKmさん(男性)だけであるが、マドリッドの3日間はホテルに休ん で居られて、一応回復されて一緒に乗っておられる。

 4時間ほど居眠り。防寒対策をきちんとして。 目が覚めてトイレ兼散歩でキッチンにカップラ−メンのサ−ビスを発見して、一 つ戴く。なかなか美味しい。私が持っていったシ−フ−ドだ。

成田到着前の食事はさすが半分程度にした。実はどうも体重は増えているようだ。  太り過ぎなのにこの食欲を帰国したら押さえなければと考え始めたからだ。 成田に定刻4月2日18:00に安着、早速 すずらん さんに到着の電話。

 荷物の受け取り場で3個の荷物がCDGに積み残されているとの情報だ。 誰のかは分からない。

 之は困ったなあ、マドリッドでの手書きタグが問題らしい。自動処理のバ−コ −ドが付いていない為、CDGでmanualとなって遅れたようだ。

 はらはらしながら待っていると私のバッグは無事に出てきた。4個出てこない ということだったが、暫くして飛行機の中に残っていて、もう少しでヌメアまで 行ってしまうところだ。結局3個はK婦人、Nさんともう一人の荷物と確定した。  税関に鍵を預けて明日の便で成田に着くように手配する。お気の毒だ。

どうもマドリッドで急に1便早くしたのもコンピュ−タ−不具合の一原因とか。

 わたしの荷物は開けもしないで、フリ−パスで税関を通ったが、後からの荷物 は本人がいないので、中を開けて検査される。それでオレンジなど生物が入っていると没収だとのこ と。

こんな事があって大分遅れて19:30に迎えのバスが発車した。水戸を経て22時 に最寄りバス停に到着、先生ご夫妻にご挨拶をしてお別れ、携帯で迎えを頼んだの で、暫くして すずらん さんが迎えに来てくれた。

 漸く自宅に12日ぶりに戻った。 改めて神棚にお加護の御礼をする。

最後に出かける前に飲んでいったラ・マンチャと帰国後頂いたリオハの白と赤のラベルを載せておこう。左から順に表示。

 今度の旅のスケッチ展は6月上旬に水戸S画廊で開催される予定だ。


ホ−ムペ−ジに戻る