スペインの旅日記(2) 副題 ラ・マンチャをスケッチする旅

スペインの旅日記(2) 副題 ラ・マンチャをスケッチする旅

§8 クエンカ(2)

3/26(日)

 今日から夏時間である。

7:00に起床したが、うすら寒いのでカ−ディガンを引っ張りだす。

先生から電話が掛ってきた。どうしたのですか? もう8時半ですよ!

あっれ! どうも夏時間に時計を合わせるのを間違えたらしい。 あわてて食堂に行く。殆どの方が食事を終わって、仲間では2、3人しか残っていない。大急ぎでそれでも食べるべきものはしっかりと戴く。

 ジャンパ−を着て、リュックにスケッチ道具を入れ、1万ptsほど財布に入れ

て玄関へ。

 先生始め教室の仲間の方他待っていて下さった。もう一度時刻をしっかり合わせる。夏時刻はホテルでもはっきりしないし、テレビも前に時刻のままだという話しも出たが、後でこれは英国のBBCでロンドン時刻の夏時間だと判った。

 

(帰国後先ずこのスケッチを元に油絵30号を描き始めた。)20分ほどで一応完成。

 道を下って昨日バスで登った谷の向かい側の坂道を登り、クエンカ名物の崖の家、家を描く。さらにクエンカを代表する抽象美術館が絶壁からはみ出している風景を描く。

 

更にその左側の光景をスケッチ、突然風が吹いてクリップを外して紙を交換していたら、今描いたスケッチが手すりの谷側に吹き飛ばされた。しまった!
 しかし幸いに急な崖の此方側に止まっている。注意して手すりを捕まえながら、崖の際まで行って絵を拾い上げた。

 これでアルシュの紙で描くのは中止してF3のスケッチ帳にする。

谷の高い鉄橋を渡って町側に移る。先生は高い処は苦手だとかで坂道を下がって下の橋で向かい側へ。別段吊り橋でもなく普通の鉄橋だが、下を覗くと谷側まで50m位はあるだろう! 何時出来た鉄橋かと思うと一寸気味が悪い。

先生と一緒になって、所々でスケッチしながら、又メイン道路に出た。

 

 昼食と言っても時間が掛るのは困るからスペイン名物のBARで済ませる事にした。今日は日曜日なので、どの店も混んでいるので適当に別れて入ろうということで、Kさん等と5人でとあるBARに入る。分かりやすくパンにソ−セ−ジをはさみ、つまりHotDogということか、コ−フィ・コン・レチェを頼む。

400ptsで済ました。土産物店に混じって本格的な焼き物のお店でCUENCA特産の中型のお皿を求めた。4000ptsだった。

 皆さんに話ししたら求めたいというので、案内してあげた。皆さんが色々買われたら、丁度作者が来店していて、お店の主人(婦人)が何か作者に話して、私に作者だと紹介してくれた。

どうしてスペイン語が理解出来たのか不思議だが、そんな感じがしたのだろう。それでパンフレットにサインして欲しいと手振りで頼んだら、買った人全員に丁寧にサインしてくれた。勿論私にもパンフを新しく出してサインしてくれた。8人ほどが沢山買ったので本日の予定の売り上げは達成したのではないか? 私が沢山お客を連れてきたので、この方はスペイン語が判ると思われたらしい。後から考えると冷や汗が出る。 グラシャス!!

 

 メイン通りを下って、3時過ぎにホテルに戻る。

自宅に電話するが、中々出ない。留守電になると1通話になるので、切る。

ミニバ−からビ−ルを1っ本飲みながら、今日のスケッチに色付けを始める。

窓からビルの向こうに山が見えるが、頂上にあるキリスト像はビルの蔭で見えな

入浴してサッパリする。

日本から持参のインスタントうどんも戴く。今日はスケッチ7枚の収穫。

 色付けが終わった頃に先生ご夫妻から夕食にどうぞと御招きの電話。

インスタントら−めんと御つまみを手土産に。

 シャンペン風ワインに生ハム、レタスなどなどご馳走になる。

自分の部屋に戻り、日本に電話、また出ない。朝6時だからと早めに切る。

エア−コンを20度にして休む。

§9 クエンカ(3)

3/27(月)

 昨日に懲りて8時少し前に食堂に行ったらまだ開いていない。夏時刻で始まりが8時に遅くなったようだ。何のための夏時間かと思う。

 8時にどうぞとなったが、コンチネンタル式の物しかない。ジュ−スを飲んで、コヒ−でパンをかじっていたら、ハムとか卵のスクランブルなど出てきた。

食事後、ホテルの前でスケッチ1枚、

9:30先生と共に出発。近道で小さな学校の前を通って、バス道路を登って行く。そして左側に降りる。

マヨ−ル広場の西門が見えて来たところで左側の一寸したトンネルを抜けて街並みの北側に出る。振り返ると4階建ての家並みだ。階段を降りて、一寸した広場から描く。いくらクエンカという田舎町で治安は安全だと言われても、一人ではこんな処には降りて行けない。先生達は書き終わって、先に行くよと言われるので、どうぞと私は2枚目を仕上げていた。

描き終わって、戻ろうとしたらトンネルが目に入った。此処だと入ったらすぐ左に曲がり、素掘りのトンネル、少し様子が違うなと思いつつも登ってゆくと今度は右に曲がる。トンネルの先に街並みが明るく見える。外へ出たら門の手前では無くて広場側に出てきた。道を間違えたと判ったが、午後1時にカテドラルの前で待ち合わせて昼食を!と話し合っていたので、皆さんも適宜適当な処でスケッチされているものと思い、北側で寒かったので、南側の抽象美術館前の広場でスケッチしていた。我々の別の仲間の姿も見かけたし、全然心配しなかった。

 

 そうしたら先生が来られて、山崎さん、階段の上で待っていたのに、急に見えなくなって心配したよとおっしゃる。ああ悪かった、これこれと説明する。階段を降りたのをすっかり忘れていた。トンネルを抜けたら昨日見た広場の陶器店の傍らに出てきたから良かったが、うっかりすると全然違う処になって迷ってしまう恐れもある。

> ともかく北側から崖の上の4、5階建ての古びた建物を描いて、出てきた処は昨日の陶器店の傍だったので、心配はしなかったわけだ。

 先生も広場でスケッチされた。1時少し前にカテドラルの前に行った。皆さんも集まってきた。

 

カテドラルの裏側を描く。1時に先生始め11人ほど集まったが、昨日のBARと違って、私が間違って登ってきた処にレストランがあって、MENU・DE LA CASA(本日の定食)が選択式でワイン付で1400ptsと安いから、ここではどうですか?と提案して、そこに行く。月曜日の1時過ぎでは誰もいない。

 定食を頼み、ス−プを選び、ポ−クの肉(私)か魚(他の方)に私と先生はVINO TINTOを頼むとワイン1本 ポンと持ってきた。1/2ワイン付きだから、又はアクアとなっていた。隣の席の仲間がビ−ルを飲みたいとビア−と頼んだが、ウエイタ−は理解出来ないようだ。隣の人がビ−ノ、ビ−ノと言ったら、見事にワインを持ってきた。早くセルベッサと教えて上げたら良かったのだが、遅かった。

 ともかく乾杯!肉料理も結構いける。特に皆さんが選択した魚は舌平目とかで美味しかったとの事。

アイスクリ−ムとかレモンティ−を含めて、1400ptsでは上等だった。

レストランの名前は「RESTAURANTE LOS ARCOS」だ。

 食後谷の向こう側の此処のパラド−ルを描く。このパラド−ルも人気が有るとのこと。随分大きな修道院に建て増しされたようだ。

ホテルに16:30に戻る。色付け1枚して、先生とNさんとでス−パ−に買い物に行く。赤ワインで一番高い「Estola Gran Reserva 1987」(といっても1090pts)とおつまみになるサ−ディ−ンの缶詰など求めた。

 ホテルに戻って結局先生の部屋で今買ってきたものとインスタントうどんなどで一緒に会食した。とても美味しかった。

 自分の部屋に戻り、色付けの続きをして、入浴、11時就寝。今日の成果はF3スケッチ7枚だった。


§10 ラ・マンチャ

ラ・マンチャを代表するクエンカ県の中心クエンカに3泊したのだから、当然ラ・マンチャに3日前からその空気を吸っているわけだが、我々のイメ−ジのラ・マンチャはやはりドン・キホ−テの世界だろう!

3/28(火)

 今日はクエンカを出発してラ・マンチャらしいカンポ・デ・クリプタ−ナでのスケッチをして、チンチョンに向かう。

 7時起床、ス−ツケ−スを出して、食事、トイレ、電話代などの清算を済まして9:30出発。

 運転手は前と同じバゴさん、この2日間マドリッドで仕事をしていたが、彼の家はBaroseronaなのだ。彼も苦労しているわけだ。

 N-420からE−5で西へ進む。

昼食を取るプエルト・ラピセには早く着きすぎるので、彼の好意でコンスグエラまで足を伸ばしてくれた。前回は遠くから眺めただけであったが、今度は丘の上までバスで登って行く。ラ・マンチャ特有の赤茶けた広野の中に100m程度の丘陵であるが、遠くからでも10基ほどの風車が見える。実際は11基ある。

 

 丘の上に着いてバスを降りたら、凄い風である。想像以上に強い。成る程風車を立てるには最適の場所だ。現在は観光用で使用していないが、下では風が無くても、此処は風の通り道なのだ。バスの中は暖かったので、カ−イガンを脱いだままで、寒くて、スケッチは早々と20分で切り上げ。書きなぐりの2枚。一つの風車は土産物店になっているようで、店の主人が日本語で「アリガトウ」を連発する。余程日本の観光客が多いのだろう。

 昼食を取るテベルカ・デ・キホ−テに戻る。此処はセルバンテスゆかりの土地であり、このレストランテにもドン・キホ−テのほっそりとした銅像というか針金細工のような像が立っている。

 肉入りオムレツとサラダ、焼き肉、アイス、それに「ベランタルドキホ−テ」というお店のワインをハ−フ。

2:40 カンポ・デ・クリプタ−ナに到着。一昨年にも来ている。

4:00までということでスケッチする。先程に懲りて、今度はカ−ディガンにコ−トを着込んでいる。此処はそれほどの風ではないが、着込んでいる為かもしれぬ。

 風車を色んな角度から3枚描いた。丘の下から民家を入れて描けば良かったが、

前回は思うように描けなかったので、風車に対峙して描いた。ドン・キホ−テのように。

4:00少し前にバスに戻る。ぎりぎりの人もいる。

 

 添乗員が数を数え、OKということで3分過ぎに出発した。

約1時間走ってE−5に入ったところで、運転手の携帯電話が鳴る。

 大トラブル発生!

 詳細は都合により公開を控える。ともかくスペイン警察に大いに感謝を捧げる。

チンチョンには予定より1時間遅れの7:30に今夜のホテルである「パラド−ル」に到着した。めでたし!めでたし!

 チンチョンはマドリッドから東南60kmくらいだから、ここに泊まるのはパラド−ルが半分目的のようなものだ。

昔伯爵のお屋敷、というかお館。その後修道院になり、ついでパラド−ルに改装されたわけだが、外観は昔のままである。ただ塔の窓が煉瓦で塞がれている。どうしてなのか?

部屋はシングルだが清潔で気持ちよい。窓から奇麗なお庭が見え、その向こうの丘の上に古い城跡が見える。

8:30からパラド−ルの食堂で晩餐をとる。

チキンに温野菜、メインはサ−モン料理、デザ−トはチ−ズとクリ−ムケ−キ。

PERAL 98の赤と白、今日のワインは水戸のS画廊のご好意である。お隣はKm画伯。話しが弾む。ほろ酔い加減でなお更だ。

 かくしてパラド−ルの由緒ありげな机で今日のスケッチの色付けをして11時には床に就く。

§11 チンチョン

3月29日(水) 快晴

朝食後 9:30にパラド−ルを出る。マヨ−ル広場はパラド−ルからほんの1分の距離。

 広場を取り囲んで4階建ての木造のお店がずらりと取り囲んでいる。殆どがベランダがあって、その柱や手すりは緑色で一寸中国風な感じもする。

 広場から抜ける道には大きな頑丈なコリント風の石の柱4本でその上3階建てを支えている。

 南側から眺めるとその4階建て長屋の奥の丘の上にカテドラルが聳えている。

ここを先ずスケッチする。カテドラル、4階建ての長屋、それに広場に駐車している車と描いてゆく。レストランも多いようだ。テ−ブルクロスに椅子などざっと書き添える。大分省略したけれど、F2の1枚に20分は優に費やした。皆思い思いにスケッチしている。

 

 もう1枚左手の鐘付き塔を背景に描いた。

 カテドラルの傍でスケッチしている仲間の姿も見える。私のいでたちはスケッチ道具を入れたリュックを背負い、手下げ袋一つ、首からデジカメをぶら下げ、チョッキにそれなりの現金という軽装である。

 先程のコリント風の柱の処を通り抜けて、裏の坂を登ってカテドラルの前に出た。

 此処から見下ろした普通の家家の赤茶色の屋根の並びが面白い。遠景は省略して7軒ほどの家並みを描いた。

 

13時に広場に降りてきて、先生方と一緒にその角のレストランにMENU de LA KASA が1800ptsと出ていたので、この間より高いが、中に入る。他にお客はいない。VINO include?と質問したら、NOの返事。皆さんにどうしますか?と聞いたら、喉が渇いているので、ビ−ルを飲みたいという。そこでセルベッサ!Allと手振りも加えて8人分注文した。外観はパっとしないが、内部は中々凝った装飾である。

その内にジョッキも冷やした並々と溢れた生ビ−ルを持ってきた。

皆乾杯とさけんで一口。旨い! よく冷えたビ−ルがきゅっと腹に沁みる。難しいスケッチをこなした満足感も伴って。

 料理は選択式ではなくてス−プ、ソ−セ−ジのつまみ、兎らしき肉料理、先生が頭付きで脳みそ も付いているが、これが旨いんだと。皆キャ−と言いながらも味わう。旨い。レバ−も味わった。勿論ポテトが付いている。それにパンも合う。デザ−トはプリン。満足した。ビ−ルは400ptsでチップを含めて一人2300pts支払う。最後まで我々だけの貸し切りで、料理からスケッチの話しと尽きない。ちなみにお店の名前は「Dentana al Pilar」である。何だかコリント風の柱のお店といった感じに取れる。スペイン語の辞書があれば。

 一旦パラド−ルに戻る。自分の35号室から見た古い城跡を遠景に風景を描き、朝のスケッチに彩色をする。

 6時ころ又出かける。夏時間だから8時ころまで明るい。今度は広場を右に折れて登り坂の途中から振り返って先程の鐘付き塔を遠景にして裏通りを2枚描いた。

 

 此処の名物のアニス酒を1本1300ptsで求めた。甘いが35度と強い蒸留酒だ。

他では買えないというので、荷物になるが、手提げ袋でバスに乗ることになる 8:30からパラド−ルで夕食、ベジタブルケ−キ、ポ−ク料理、デザ−ト。

ワインは日本向け輸出用らしく日本語のラベルも付いている。赤。

10:20まで話しが弾む。スケッチの場所から土産物の話しなど。

 部屋に戻り、お湯を沸かして日本茶を飲みつつ、色付け。

11時就寝。


次へ

ホ−ムペ−ジに戻る