スペインの旅日記 副題 ラ・マンチャをスケッチする旅(2000年3月)

皆さん、こんにちは。Seijiのスケッチの旅日記シリ−ズを載せ始めます。

§1 序章 わたしの絵の先生K画伯が計画された2度目のスペイン−スケッチ旅行はバロセロナからヴァレンシャを経て、ラ・マンチャを主体として、セゴビア、トレドに寄って、マドリッドから帰国という12日の計画である 特にクエンカ(CUENCA)に3泊、チンチョン(Chincho'n)のパラド−ルに2泊というゆったりとスケッチするのが目玉である。

 私自身はスペインは既に2度訪れていたので、すずらん さんが仕事の関係でどうしても都合が付かないので、一緒に行けないので参加は諦めていた。3月はよく風邪を引き、肺炎になって、前にキャンセル料を払った経験も有り、一人での参加は70を越した身、無理だと覚悟していた。

 締め切りが近づいた頃、先生ご夫妻から面倒を見ますから、どうぞ参加されてはとのメ−ルを頂いた。こんな事情でわたし一人で参加する特別な条件付きで「すずらん さん」が了解してくれた。特別な条件とはご想像にまかせる。

§2 旅立ち

 何時もなら大分前からイベリア室あたりでクエンカ(CUENCA)、チンチョン(Chincho'n)とはどんな処ですか?などと質問してCarmenさんあたりの詳細なお答えを得て、用意万端整えるのだが、余りわくわくすると緊張して体調が狂うと困るので、今回は旅の用意は1週間前から始めた。まさかの為4/10に切れるパスポ−トだけは3月初めに交換を申請してあったので、2010年までのものを取得した。インスタント日本食とかうどん、ラ−メンなども買って来た。温度は日本とほぼ同じと言われても日本の温度が急変するから、どうしても両面作戦となる。「すずらん さん」はなお更ス−ツケ−スと手持ちのザックに何処に何が入っているかという一覧表まで作って呉れる有り様。一人でもきちんとやるよと言っても信用されない。これまでの実績が実績だから止むを得ない。

3/22朝今にも雨になりそうな6時半最寄りのバス停まで「すずらん さん」に送ってもらう。先生ご夫妻が最初の乗車で「オハヨウございます。宜しくお願いします。」と乗り込む。水戸までで予定の方に添乗員のSさんも乗り込み、51号線から潮来ICで東関東高速へ、成田第1タ−ミナルに10時前に到着した。ここで合流される方も含めて総員23名である。

 エア−フランスでパリに飛び、CDG乗り換えてバロセロナへ飛ぶ。待ち時間時間を含めて15時間のフライトである。成田での待ち時間は何時も緊張する。此処から外国だと心に言い含める。バロセロナ、マドリッドは日本人は特に狙われると驚かされている。

Fisher's チョッキの内ポケットに貴重品を納めてある。現地用にパスポ−トのカラ−コピ−も用意した。大使館の要請でコピ−でスペイン内はOKであるとのこと。

§3 スペインのワイン

今回の旅で味わったワインを紹介しておく。成田を飛び立っていないのにワインの紹介とは気が早いが、東京スペインワインオフ(4/13開催)の出席者に見て戴こうとというわけで、載せることにした。(この文の原文はFORUM MELLOWに4/11に投稿したものである)

出発前 近くのス−パ−で購入したスペインワインを飲んで予行演習をした。

Balad LA MANCHA Tinto  (ずばり ラ・マンチャ というワイン)

3/22 AF275 勿論 フランス ワイン 省略

3/23(バロセロナ)昼食 BERRERANAVISA CANDA 白

         夕食 TORRES Grann'ina Sol Cosecha 98年 白

3/24(バレンシア)昼食 お店のサングリア

          夕食 EL TORREON RIOLA 白

3/25(クエンカ) 昼食 Ganazate Vino de Mesr

          夕食 El TORREON 白、赤、ロゼ (会食)

3/26(同)    昼食 BAR>でサンドとコ−ヒ−

          夕食 シャンパン風ワイン(名前記録洩れ)

3/27(同)    昼食 お店のワイン 赤

          夕食 Estola Gran Reserva 87年 赤

3/28(カンポ・デ・クリプタ−ナ)昼食 お店のワイン Q と表示

    (チンチョン) 夕食 PERAL 98 VINOS SOBREMADRE Madrid

3/29(チンチョン) 昼食 生ビ−ル

            夕食 日本向け輸出用ワイン スペイン産Q

3/30(セゴビア) 昼食 お店のワイン(壷入り)

夕食    (マドリッド) BAR3軒 ビ−ル&サングリア&赤ワイン

3/31(マドリッド)昼食 MARIO ERERNASA 白

           夕食 Lahas 99年 ALBARINO 白とAeorta Rioja 赤   会食

4/01(マドリッド)昼食 ビ−ル

AF274便   フランス・ワイン

帰国後 Beronia VIURA 96年 RIOJA 白(但し 夕食のみ)

 毎日昼からよく飲んだものだ。

ワイン名が飾り文字で誤読のものもある可能性有り。 いづれもおいしく頂いた。ワインなら何でも良い感じ

§4 スペインに向けてパリへ

一昨年アンダルシアへの旅(私のHPに載せてある)の時はイベリア航空が成田に入っていたが、その後撤退して、直行便がなくなった。今回はAF275でパリに飛ぶ事になる。B747で座席は33Jと廊下側でほっとした。窓側のご夫妻はイタリ−への団体の参加で、パリからミラノへ飛ぶが、10日間の予定だとのこと。

長野にお住まいとのこと、新幹線で来たので日立からよりは成田までは時間が掛らない。こちらの話しなどして必要な時は何時でもどうぞと仲良くなる。定刻12:35に動き出す。スペイン時刻では午前4時35分だ。時計を遅らせる。長い一日が始まる。

 まもなくランチがサ−ビスされる。食前酒は赤ワイン(Lishel an 2000)でお隣のご夫妻と乾杯。私の仲間は前の席である。メニュ−はビ−フシチュ−だ。

AFの特別サ−ビスのシャンペンも頼む。スチュワ−デスは日本人とフランス人と半々に近い。あたりを見回すと殆ど日本人の多分団体客だろう。現地時間6:45に昼食を終わる。多分小瓶ながら2本のワインでは眠くなるだろう。風邪を引かないようにカ−ディガンを着込み、襟巻きをする。すずらん さんからこの調節を口酢っぱく注意されていた。やはり2時間ほど居眠りをした。10:30 シベリア上空高度一万M、速度850km/hで寒々した氷原だとのこと。日仏のスチュワ−デスの写真を撮らして貰った。デジカメを指差しながら「シルブ・プレ−!」「モワ?」「ウイ−!」、デジカメの液晶面を見せて、「メルシ−ボック!」

 

 ともかくエコノミ−の席は前後が狭くて難行苦行だ。時々立ち上がってトイレついでに客室内を歩く。仲間の美女達と無駄話しなどしてまぎらわす。

これがなければ、ヨ−ロッパも楽なのだが。

すずらん さんが一度はビジネスクラスに乗りたいというのも無理はない。

11:45にもう一度食事のサ−ビス。又赤ワインを頼む。

>16:45最終着陸体勢に入る。CDGはF2タ−ミナルに到着。

仲間のIさんが「あこがれのフランスだ」という言葉に実感がこもる。別にパリの市街は何も見えないが、初めてのヨ−ロッパでは無理もない。

17:40 AF2048でバロセロナ向けに飛び立つ。乗り継ぎ時間30分くらいだが、同じF2内の移動なので、比較的楽である。しかし日本時間では夜中の2時である。 眠いのを我慢している。

§5 バロセロナ

 CDGからAF2048のAirbusのA-320でバロセロナに向かう。ここでも簡単な夕食というか食事が出た Vino blancoを頼む。

19:10 さすがに日が沈み、暗くなってきた。19:35バロセロナに着陸。とうとう又スペインの土を又踏んだ。空港内で5万円を77,420ptsに両替した。円高のおかげで100ptsは約65\だ。MIKIトラベルのバスで今夜のHOTEL COLONに到着した。カテドラルのすぐ前である。途中お金の説明と危険だと強調される。何かいやな感じ。10年ぶりのバロセロナだ。温度は14度で丁度良いが、昼間は24,5度になるとのこと。セ−タ−はどうも不必要らしい。Singleを頼んであるので、No.128室、カテドラルは見えない。しかし

現地ガイドの小林さんから朝の一人での散歩は危ないから止めるように注意されている。入浴して、日本から持参の「おにぎり」を一つ戴く。10時半bedに潜り>込む。日本時間で午前6時半だ。睡眠薬1錠を飲む。

3/23 目が覚めたらなんとまだ1時半、がっかり、トイレをして又眠るが、4時半で体調はなかなかスペイン時間にならない。無理して横になっている。6:30 起床。7時でも外は薄暗い。食事はバイキングスタイル。果物が多くて満足。

大体毎朝このようなものだ。 食後すぐ其処にカテドラルが見える。恐る恐るHOTELの外でスケッチを大急ぎでする。出勤の人がぼつぼつ歩いている程度で玄関から10mでは問題はない。

スケッチ1号だ。

 

9時にバスに乗り込み、まずモンジュイックの丘へゆく。小雨まじりの曇りで霞んでいる。写真は旨く写りそうもない。スケッチを簡単にしておく。10年前にはオリンピック会場の建設中だったが、今回は8年前のバリセロナオリンピックの会場だという説明を感慨深く聞く。

 

 次いでガウディ設計のミラ邸に入り、見学する。外観も変わっているが、内部も普通の部屋ではない。屋上にも上左の図のように面白い像がにょっきりと聳えている。

 グラナダ・ファミリア教会、ここは油絵を描き始めているが、実物を再度見て、頭上に覆い被さるような4本の尖塔を見れば、もう諦めざるを得ない感じだ。近すぎてどうしようもない。

 グエル公園、やはりガウディの設計の高級住宅団地になる筈だったが、完成したのは2軒だけ。しかし守衛さん用の建物ですら御伽噺の世界。

 昼食、ス−プ、ム−ル貝、鱈の酢漬け、いかと小魚のフライ、それに定番のパンに「とまとペ−スト」辛みが有ってなかなかワインに合う。

ワインについては§3で説明済み。

 一旦ホテルに戻り、モン・セラ−へのoptionに参加する人と別れる。私はこの前行っているので、先生と一緒にピカソ美術館に行く。

 

ホテルから歩いて10分程度、案外入り口は狭い路地の途中で目立たないが、内部は結構広い。ピカソの少年時代の作品から飾られている。将に天才だ! 12歳の時の人物像、パトロンがバロセロナに留学させただけのことはある。きっちりとしたデッサンに感心する。あのキュウビズムもこの基礎が有っての成果だ。青の時代の作品も数点ある。キュウビズム時代の作品はマドリッドのレイナ・ソフィア記念近代美術センタ−で見ることになる。

 最後の方で眠くてどうしようもない。やはり十分眠れなかったのが原因だ。

先生と別れて部屋に戻り、シャワ−を浴びて、一眠り。スペインではシェスタが必要だ。

 7時少し前に先生から電話があって起き上がる。気持ちよい。

ピカソゆかりのクア−トロ・GATTSで白ワイン、サ−モンとungler fish(?)の串、アイオリのにんにくソ−ス、コ−ヒ−で約5000ptsであった。

11時にすずらん さんに電話、元気で着いたよと一言。

今夜はスケッチの色付けは見送り。12時前に就寝。

§6 バレンシアへ

 3/24 6時起床、よく眠れた。外は暗く、窓を開けるとひんやりする。荷物を7時に出して、食堂へ、果物も含めてしっかり頂いた。

 今朝は晴れてきた。昨夜の すずらん さんへの電話代は449ptsだった。

バレンシアを目指して7:38にバスで出発。2列目のK画伯の左側、つまり添乗員の後ろという特等席に座る。先生の奥さんにどうぞと遠慮したのだが、是非に言われるのに甘えて、このシ−トに。

 A2からN−340へ、モンセラ−の山並みが右手遠くに見える。妙義山に似た形、修道院は右端の下の方だとのこと。

 運転手はバゴ さん、時速100kmぴったりで走る。途中にTOLL Gateがある。

AutomaticとManualと区別されているが、前者はカ−ドでの支払いと釣り銭の不要な車という意味で、non-stopとは違う。765ptsと出ていたが、多分普通車の料金だろう。TOLL Gateは出口にあったり、途中にあったりする。

8:30 両側に ぶどう畑が続く。スペインMusicでも掛けてくれないかと頼んだら、バゴさんが運転しながらカセットの操作をするので、一寸はらはらする。

 バス・ガイドはいないのだから止むを得ないが、減速しないので心配した。このくらい事前に添乗員が操作を聞いておいてくれればと思ったが?

Gate、615pts。左手に海がチラと見える。道路はA-7に移り、赤土の肌、オリ−ブの木。スペインらしくなる。

9:18タラゴナ近くを通る。古いロ−マ時代の水道橋が見えた。教会の塔の有る田舎町、絵になる。手帳に走り書き。

 日本車は殆ど見かけない。「すずき」 の車が走っている。スペインがEUに入ってからはEU内は関税がかからないので、ドイツ、フランス車が殆どだ。

Cambrillで左手の山並みに20数機の風力発電の風車が並んでいる。さすがは風車の国、この面では我が国を遥かに凌駕している。

 右手にサント・ビクトワ−ル山に似た山が見え、左手に地中海、去年の南仏の旅を思い出す。

 今度はGateでチケットを取るのみ。日産車が見えた。スペイン日産があったから、もっと走っていそうなものだが、ルノ−に買収されたようなものだから、??

 9:40トイレ休憩。アイスクリ−ム(230pts)に1.5lのミネラル(195pts)を求めた。

10;05出発。 PWRと思われる原子力発電所が見える。地中海だ。右手の山にはおよそ15基の風力発電。オリ−ブと葡萄畑。

11:10 Peniscosla 到着、12:10まで休憩。海辺の新興リゾ−トの感じ。

 岬の古いお城をスケッチ、更に反対の海岸沿いの街並みを描く。先生によれば岬の南側からの方がスケッチに良いのだが、バスが行けぬとか?

逆光だから当然書きにくい。

 

 予定とおり出発。A−7 バレンシアまで126kmと出ている。A-7国道でひた走り。高速を降りてN221へ、高層ビルが見えてくる。左手にバレンシアの港。

13:50市内に到着。

 レストランはL'ATRE GION

とまと付きパン、卵入りバレンシア・サラダ、チキン入りの同じくパエリア、デザ−トは「INMA」のオレンジ、である。サングリアを席で頼む。

15:20 ガイドのジュリアンさんが見えて出発。

1888年の闘牛場、中央駅、そして市場で下車、

 

 おいしそうな「いちご」1kgを求める。何と200pts!、後で皆さんにおわけした。日本の1/6くらい。市場の通りもスケッチした。

 

 ホテルの部屋からのスケッチも載せておく。

§7 バレンシアからクエンカ

3/24(続)

EL TORREONというレストランで夕食。

前菜;生ハム、サラミ、チ−ズ、薫製ハム

主菜;めかじきの焼き物 ソ−ス掛け、

デザ−ト;プリン、飲み物;RIOLA blancoとCERRO GORDO

食後 市場で買ったいちごを食べながら、スケッチに彩色、入浴、下着洗濯も。

3/25 

5:20 起床 今日は暑い、シャワ−を浴びて半袖に赤色のシャツに着替える。

朝食は何時ものようにゆで卵も。

8時出発、A-7からA-3へ、いよいよラ・マンチャへ

大きな(1kW?)風力発電4基が廻っている。外は大分風が強いようだ。

9:10 大きなダム湖の傍を走る。赤土を削った道、短いトンネルをくぐり抜けてクエンカ県に入る。

9:30 高速を降りて右折、N320を北上。

10:00 トイレ休憩 カフェ コン チェラで200pts、牧草畑と潅木と石ころの荒れ野が交互に、小さな鐘塔のある村落を走り書き。

一般道は80km/hくらいで走る。すれ違う車も殆どない。道は良い。

10:55 クエンカ到着 ここに3泊する予定だ。

 ホテルチエックインには早いので、新市街のホテルで下車して、旧市街(Old Town)の偵察に行く。新市街はなかなか近代的なビルが並んでいる。案内所 に寄って地図を貰ったが、25ptsの有料? Old Townの見える処まで歩く。

坂を相当登ることになる。昼食に戻る。15時にバスに乗ってOld Townの下の道をぐるりと回り道して反対側の方からOld Townの更に上の広場まで行く。

 其処からOld Townの方へ歩いて下って行く。後から判ったが、町の中心のマヨ−ル広場まで乗用車と定期バスは街中を上って行けるが、観光バスは停車することが出来ないので、街の上へ別の回り道で行くことになっている。先ずカテドラルに入る。

外観はゴシック模様だが内部のステンドガラスはカテドラルらしいのも有るが、中には驚くほどの超近代的抽象模様のものもある。Old Townにどうして?と驚くばかり。

カテドラルの横の土産物店でクエンカ風景の壷を買った。1000ptsだった。

 次に抽象美術館に入る。凡そOld Townに似合わないが、此処出身の実業家が故郷振興の為に建物と中身を寄付されて出来たものとのこと。外観は昔風だが、内部と飾って有る物は将に抽象の世界である。フラッシュを焚かなければ撮影OKというので、何枚か写真を撮った。


 

この美術館が崖の家の代表で窓の部分は絶壁の外にはみ出しているのだ。内部では気が付かなかったが、ベランダから見たら余り良い気持ちはしない。日本なら絶対に許されない構造だ。地震が無いということのようだ。

 今夜の食事はフリ−になっている。

Nさん始め女性群が先生夫妻と私など男性を招待してくれるとのお招き。有り難くお受けする。手土産に日本から持参のインスタントラ−メンなど持ってゆく。

 スペインワインは赤、白、ロゼなど一杯。生ハム、チ−ズなどおつまみもス−パ−で買ってきたとのことで各種一杯。話しが弾み、夜の更けるのも判らない。

最後にお米の御粥でお開き。

 今夜からSummer-Timeになって、時計を1HR進める。もう夏時間とは恐れ入る。

12時に すずらん さんに電話した。元気でやっているよ!

色付けを少しして休む。明日は一日フリ−でスケッチだけの予定だ。

部屋の様子を載せておく。ゆったりしたベッドで抽象画の額、窓からは隣のビルの間から遠くの山並みが見える。

次へ

ホ−ムペ−ジに戻る