2004.8.27 作成、2005.4.18,&10.16追加、2006.5.01追加、2006.7.03追加、2006.11.6追加,2007.1.7追加
2008.2.24追加
2012.5.4追加 2012.10.30追加 2013.10.26追加

魁美術会(旧HEC美術部)サイト

最近更改をした!

近年は展覧会と総会程度の開催になっている。美協 主催スケッチ旅行への参加も数名に留まっている。

ともかく2013年の第28回魁(さきがけ)美術会(旧HEC美術部)の展覧会を載せておこう!

2013年の魁(さきがけ)美術会(旧HEC美術部)の展覧会

打ち上げ会が10月26日6時からバンヅーで開催された。

また2012年の魁(さきがけ)美術会(旧HEC美術部)の展覧会を載せておこう!

2012年の魁(さきがけ)美術会(旧HEC美術部)の展覧会

打ち上げ兼総会が10月27日6時からバンヅーで開催された。

もし画面が表示されない時にはGoogleのPicasaにご自分のMailAdressと自分で決めたPassWordでログイン(無料登録)してから、改めて上記URLをクリックしてください!

ログイン&新規登録

併せて2011年の魁(さきがけ)美術会(旧HEC美術部)の展覧会も紹介しておく。

2011年の魁(さきがけ)美術会(旧HEC美術部)の展覧会

魁(さきがけ)美術会(旧HEC美術部) 平成19年行事成果

新年会
1月6日夕方 東暁館で開催された。ほぼ全会員が集まった。新年の抱負を語り合った。カラオケも賑やかであった。

スケッチ旅行
2007年度美協スケッチ旅行へ
酒田、鳥海山を描きにいったが、雨と曇りで寒い風が吹き、山は見えなかった。藁葺き民家をスケッチした。

第22回魁美術会展
2007年度第22回魁美術会展へ
平成20年に入って1月9日から13日までシビックセンターで開催された。
12日夕べ反省会が忍び屋で開かれた。出品者全員16名が揃った。

魁美術会(旧HEC美術部) 平成18年行事成果

1.名称変更案
先ず2006.4.01を以ってHECが再編成でHISとHESに別れることになった。
従ってHEC美術部も会社組織の一環ではなくなって、完全に有志による独立団体として存続させたいとなった。
そこで名前も変更することになった。
一応「魁ヘック美術会」としようと話し合っていたが、
7/1に会の名称は 決を採って 「魁 美術会」と決定した。

2.スケッチ旅行

 本年も日立美協主催のスケッチ旅行に6名が参加して、4月15日、16日と信州・鬼無里(きなさ)に泊まり、付近の大望峠から北アルプス、 戸隠西岳連峰を展望してスケッチした。
鬼無里の湯での宴会も賑やかに盛り上がった。翌16日は朝起きたら一面雪景色であった。しかしお陰で 雨の予報が晴れてきた!
長野に戻り、大町経由で白馬町の上記「大出の吊橋」など2箇所でスケッチをした。更に池田町で安曇野を描いた。
わさび園にも寄って戻ってきた。少し欲張りすぎた感じだが、楽しい想い出の旅だった。
その模様は次に載せてあります。
2006美協スケッチ旅行へ
クリックで接続してください。

3.臨時総会
7月1日(土)午後5時から東暁館で臨時総会が開催された。
新人 寺門君を加え、16名が参加した。
日立エンジニアリング(株)の合併により、組織、名称も変わった機会にこの会を独立した組織として存続することを決議した。
 会の名称は 決を採って 「魁 美術会」と決定した。
代表 村上氏、幹事 渡辺 洋一氏、会計 平野 氏、 顧問 山崎氏 と推挙、承認
会則は追って送付するが、年会費 1万円 とする。

4.第21回魁美術会展
魁美術会としては第1回であるが、従来の伝統を保持して第21回と名づけた。
10月31日飾り付け、午後から開場した。場所は何時もの日立シビックセンター1Fギャラリーである。
会員16名が合計57点の作品を出品した。新会員のMr.Terakadoも5点だして、賑やかになった。
11/4夕方反省会を開催、11/5午後5時でお開きとして、撤収した。
述べ1,000人以上の方々に見ていただいた。 作品並びに会場の模様を次のサイトに載せた。


第21回魁美術会(旧HEC美術部)展へ クリックで接続してください。

5.新年会兼臨時総会
 2007年1月6日 東暁館で午後6時から8時まで会員15名が出席して開催された。
 魁美術会規約の改定を行った。改定した規約は次のサイトに載せてあります。
魁美術会規約へ クリックで接続してください。
その後新年会に移り、各自抱負など語り合って、今後の発展を期した。

HEC 美術部 平成17年行事成果

1.スケッチ旅行

(1)開催日時;平成17年4月16、17日
  本年度のスケッチ旅行は日立美術協会主催の「戸隠連山、妙高のスケッチバス旅行」に 参加させていただいた。
 参加者は村上、原、山崎、石川、黒沢、平野但、木暮、吉澤、各氏の8名であった。
2日とも快晴に恵まれ、雪山を満喫して各々健筆を振るった。
宿は妙高高原簡保の保養センターに泊まり、 温泉につかり、会食を楽しんだ。
1日目は左の戸隠連山を描く。2日目は宿の近く妙高山を描く。

その模様を次のサイトに載せました。(2006.5.25まで)
HECスケッチへ クリックで接続してください。
クリック、クリックで原寸大に大きくなります。

2.第20回展

(1)開催日時;平成17年10月10日〜16日
    (2)会場;日立シビックセンターF1ギャラリー
会員13名が合計41点を出品した。
 HEC 美術部 平成16年行事成果

  1.第19回絵画展

(1)開催日時;平成16年10月19日(火)AM搬入、
19日(火)PM〜24日(日) 展示
                    24日5時撤収
(2)場所;日立シビックセンター 1F ギャラリー
F80号以下47点の作品が飾られ、期間中に合計1,126名の参観者がありました。
盛況で素晴らしいことです。

 2.忘年会兼石川さんを励ます会
(1)開催日時;平成16年12月4日(土) 16:00〜18:30
(2)会費;6,000)
(3)場所;東暁館 Tel ;0294(22)2017
      荒天が心配されたが、幸いに風雨に遭わず
      14名が参加して今年度の想い出や、石川さんの特に部長としての長年の会への貢献に感謝の言葉が話し合われた。
       会の行事の一つとしての旅行会は美協の行事に参加しようということになった。
       石川さんからの挨拶や謡の披露もあった。
       村上部長から第20回展に向けての決意表明などもあって、楽しく散会した。

 

現在会員(2012.10.30)

 順不動 敬称略 住所などは個人情報で非公開
河島弘明 、山崎精二、石川庄三、平野昌美、黒澤和雄、門井孝広、橋浦和彦、 小林和夫、吉沢宋三郎、渡辺洋一、渡辺正一郎、四ノ宮八郎、原 弘、加賀谷了、 幡 敏見、木暮澄夫、鈴置 昭、村上善朝、平野 但、寺門 祐司、柴田実、菅原弘道(新会員)

歴史


昭和62年(1987) 日立エンジニアリング(株)略称HEC のHEC会同好会として部員10名ほどで発足
  第1回展を社内で開催。(十王町の電機工場内講堂で開く。運動会の併催行事として)
昭和63年 部員20名に増え、HEC会美術部として正式発足;初代部長 圷氏,幹事 黒澤氏
  第2回展を社内3事業所講堂で持ち回り開催。
  第3回展を兎平の供給所階段踊り場などを利用して開催;初の外部公開。
   会則制定;会員 HEC及びHEC関連会社社員及びそのOB
          会費
平成元年 伊勢仁百貨店内の市民ギャラリで第4回展を開催。
 外部からも美術団体として認知される。
 以後毎年開催が定着。
平成3年 第6回展を日立シビックセンター1階ギャラリーで開催。幹事 渡辺洋一氏
    観客1000人に及ぶ。 以後このギャラリーで開催
第2代部長は小林氏、第3代部長は藤島氏なれど時期不明。
  又正月に色紙書初め会、五月のスケッチ旅行、八月に裸婦デッサン会、12月に忘年会を定例として開催。
平成11年 HEC会解散に伴い、日立エンジニアリング(株)美術部と名称変更;第4代部長 石川氏、幹事 渡辺洋一氏
  第16回展を恒例通り日立シビックセンター1階ギャラリーで開催。
以降同様
平成15年
 第18回HEC美術部絵画展はH15年10月13日から10月19日まで日立シビックセンターの1階ギャラリーで開催された。
 全部で53点が飾られた。
 賛助出品としてK.Nさんや今度入会された河島会員の絵が参加。

平成16年
 第19回HEC美術部絵画展はH16年10月19日から10月24日まで日立シビックセンターの1階ギャラリーで開催された。
 全部で47点が飾られた。新会員として大西さん初参加。
なお現役会員減少などもあってスケッチ旅行など実施できなかった。
 石川部長が退任し、第5代として村上部長就任。幹事引き続き 渡辺洋一さん

平成17年
スケッチ旅行; 戸隠、妙高へ(日立美協主催スケッチ旅行に参加)
第20回展;H17.10.10〜10.16 詳細は上記参照

平成18年
HEC再編成により、この組織も独立団体として「魁美術会」と名称変更した。
スケッチ旅行;鬼無里、白馬、安曇野へ(日立美協主催スケッチ旅行に参加)

 会員山崎さんのホ−ムペ−ジに