2002.2.23修正

          小唄の会

私と小唄との出会いは昭和53年に溯る。もう25年ほどの昔のことである。有るチャンスというかやらざるを得ない立場になって始めたというのが本当だ。

しかし年に一度お浚い会つまり仲間の前で一人で小唄を唄わねばならない。小唄弐題といって、二つ唄うのが慣例になっている。その年の8月から月に2、3回無理して日曜日に小唄の先生のもとに通った。11月に発表会があったわけだが、その時の2題は「あきの野に出て」と「棚のダルマ」であった。その時の録音テ−プを聞くと、我ながらよくもこんな恥ずかしい声で唄ったものだと聞くに堪えない。

誰かが鶏を絞め殺す時のような声と小唄を表現したが、それに似たようなものであった。

小唄には「春日」とか色んな流派があるが、私のついた師匠は「蓼派」の先生であった。同じ文句の唄でも流派によって微妙に節回しが違う。

小唄の勉強は昭和63年師匠が癌で亡くなられて、残念ながら他の先生に就くのも嫌で終わりになってしまった。丁度10年勉強した。覚えたのは合計で26曲である。もともと音痴だと自覚していたので、先生が年に2曲で十分ですよというので、1曲長くて5分というのを繰り返し繰り返し勉強した。お陰で私も体に染み付いた。いわゆる体で覚えるということで、段々忘れてゆくが、5、6曲なら三味線が無くても唄えるとうぬぼれている。

ここに昔の晴れの舞台(昭和55年10月17日 於て 梅川割烹旅館)を飾っておく。

現役を退いて小唄を唄う機会も無くなり、淋しいなあと思っていた平成9年夏に新聞に付いてくる週刊のパンフに「小唄を一緒に唄いませんか?」という呼びかけが載っていた。近くの公民館で月に2回位というので、応募した。

これがKJさんとの出会いである。小唄の三味線を師匠についてきっちり勉強された方で、しかも蓼派を勉強された方であった。これ幸いと入れて頂いた。始めは5人ほど集まったが、だんだん少なくなって、とうとうKJ夫人と私だけとなってしまった。四畳半では無いものの和室に二人では終わりにせざるを得ないね!という状態になった。そこで今度は日立市の市報に「小唄の会」の募集を載せた。10年の4月の事である。そうしたら8人ほど集まった。私を除いては全て女性の中高年の方である。途中で男性の方が見に来られたことがあったが、それっきりである。紹介されたWTさんからその直後に亡くなられたと聞いた。

かくして現在はKJ先生の都合で月に一回 第1月曜日午前に多賀公民館で開かれている。

現在ならっているのは昔習ったのもあるが、新しいものを20曲くらいを繰り返している。

ただ先生も一緒に8人全員で唄っているので、どのくらい身に付いているか?いささか心もとない。

好きな唄は「ほどほどに」、「のびあがり」、「こころでとめて」、「としの瀬や」などである。

例の「あきの野にでて」も入っていて昔を思い出しながら、楽しく唄っている。

月一回、それも都合の悪い時もあり、年に7、8回というところだが、丁度良い具合である。

KJ先生が一番若くて、私は最高齢か次かといったところだが、何とか声が出る内は続けて行きたいと思っている。

会の模様を載せておこう! 正面がKJ先生である。声を載せられないのが残念であるが、私は手前で何時も唄っている。みな普段着で集まっている。

 

しかしこの会も2年ほどでKJ先生の都合で残念ながら解散となってしまった。  現在は東京へ行くときに電車やバスの中の暇つぶしに声を出さずに心で唄っているだけである。

ホ−ムペ−ジに戻る