磯出西金砂大田楽

72年に1回という珍しい祭典が開かれている。
磯出金砂大田楽というのだ!国選択・、県指定無形民族文化財となっている。
茨城県北西部の金砂郷町の西金砂神社と同じく水府村の東金砂神社のお神輿が日立市水木浜の海岸まで お出ましになる。往復75kmの道のりを6泊7日で500人の大行列である。
 祭神の大己貴命(おおむなちのみこと)が水木浜の沖の岩に鮑の舟に乗って現れて、山に登られたという伝説に基づく行事のようだ。

1150年の伝統があり、前回は昭和6年に開催され、今回平成15年は第17回磯出金砂大田楽というわけである。
72年に一度のわけは諸説があるが、7回目の未の年ごとに大祭礼が開かれるのは7年回り(6年ごと)の小祭礼が7つの大字部落ごとに行われ、干支の12年の6倍の72年目に大祭礼となったという説もある。

3月22日に西金砂神社のお神輿が神社を出発した。そして途中のお休み場所で大田楽の披露や神事が行われた。
そして3月24日の午後8時に水木の浜に到着された。
3月25日早朝午前2時に非公開の「潮浴の神事」が密かに行われ、午前8時から「天下泰平」「五穀豊穣」を祈る神事と大田楽が行われるとの予定と発表されていた。

そこで当日五時過ぎに起床したが、小雨が降っている。大きな傘を差して朝昼の握り飯とお茶やジュースを持って出かけた。
 会場には6時に到着したが、舞台の前の椅子席は空いているが、雨で濡れているし、傘を差して見るわけにもゆかないだろうと、少し離れるが、正面後方の階段席に場所を取った。
こちらはテントが張られていて、雨に濡れなくて済む。でも座席はほぼ満員だった。民族文化の会とか団体の指定席や、私の席の左側には報道陣のための座席部分が確保されている。
 続々見物人がやってくる。後で聞いたところでは7時頃に会場への入場は制限されたそうだ。
波内側の道路と国道245号海側の崖との間の100mくらいの幅のところに会場が設定されている。

日立市 海と山 のまつり となっている。勿論磯出西と東金砂大田楽の披露が主眼であるが、期間中には色々の行事をやることになっている。日立市の風流物も披露される。
 席を確保したので、朝食を頂く。待つこと2時間ようやく神事が始まった。
雨で濡れる前の椅子席の方には傘を閉じてくださいと要請されて、皆さんはビニールカッパ姿である。

神主さんが祝詞を奏上する。磯出西金砂大田楽の由来と国家安寧・五穀豊穣を祈願する内容である。
春とはいえ今朝は寒い。大分着こんできたが、それでも寒い。ポカロンを膝に当てて寒さを凌ぐ。
 お榊奉奠になって、後援会会長や日立市長など30人くらいが捧げる。
正直早く終わらないかなあと待っている。
 やっと終わって隣の方にリュックを頼んでトイレに行く。

そして9時から待望の大田楽が始まった。「四方固め」「獅子舞」「種子まき」[一本高足」の4段構成の舞になっている。
私のデジカメの3倍ズームでは踊りは綺麗には取れない。双眼鏡でお面を覗く。
1000年以上の伝統ある田楽だと思うと民族文化とは歴史が込められていると感激する。
 知人が多分ビデオを撮影してくれているだろうし、資料に紹介もあるから近接撮影は我慢した。ほぼ10時に終わった。

そこで金ピカのお神輿を近接撮影した。
これらの写真を次のサイトに載せた。 是非クリックして見てください。

スライド金砂大祭礼へ

サムネールの下側に自動スライドのボタンがあります。

11時に500人の大行列が始まる。先達や青士や高校一年生と小学6年生の稚児が馬に乗って続く。
雨でビニールを掛けているので、着物も映えない。勿論お神輿にもビニールに包まれているが、止むをえない。
行列の主な主人公は撮影して載せてありますので、説明付きの写真を見てください。
行列は此処から大甕駅に行くわけで当初はそこまで付いて行く積もりだったが、寒いし、写真にもならないと諦めてまっすぐ帰宅することにした。
帰宅して熱燗で一杯やり、昼食としてラーメンを頂いた。
磯出西金砂大田楽に続いて本日 磯出東金砂大田楽のほぼ同規模の行事が出発した。経路は少し違うし、田楽の内容も少し違うが、直接見るのはこれで終わりとしよう!

3月28日の午後6時20分からNHKで田楽を中心として10分ほど報道された。

ホ−ムペ−ジに戻る