BGM 組曲「展覧会の絵 チュレリ−の庭」

2002.5.27 修正
ゴルフ

Playし始めてから既に30年以上になるのに少しも上手にならない。

最高はgross88でハンディ−は18だった。現在は年齢と共に悪くなり、ハンディ−も23〜29(会によって)に下がってしまった。100がなかなか切れない。

97年頃のショットの模様を御見せしよう。

1997年12月28日に吉岡さん、佐藤さんと水戸グリ−ンCC山方コ−スでplayした時に、吉岡さんがDigital-videoCameraで撮影して、その駒の一部を送って下さったものだ。Out4番Par5のコ−スのティ−ショットである。左doglegで私の帽子の処まで左側から谷が食い込んでいる。前方右の山裾方向に打ち出して、第2打も左の谷を避けてやや右側に打ち出してゆく。飛ぶ方はそこからpar−onを狙うが、私の飛距離ではグリ−ン手前の深いバンカ−を避けて右側ラフに打った。残り60yard、第4打ピッチィングで狙う。

ポ−ル手前のグリ−ンに落ちて坂を転がって登ってゆく。坂の上のポ−ルのあたりでぽろりと消えた。

ティップイン−バ−ディ−だ。

こんなラッキ−があったのに上がってみれば106とは情けない。

2002年の成績は1/30;111、2/25;115、3/7;104、3/15;111、3/31;108、4/11;110、4/20;107 、4/26;109、5/13;113、5/18;107という有様だった。
5月24日茨城ロイヤルC.C.で恒例のロイヤル会でとんでもない椿事が起こった。オリンピックをやっていたのだが、何とワン・パタが8回で金、銀、銅、鉄のGrandSlumも達成、そしてスコア−は45と48で93で上った。
難しいプロ級の長いフックラインが見事に入った。 こんな事があるとまだまだ捨てたものではない!!!


ホ−ムペ−ジに戻る。