私の画廊(1)

油絵を本格的に始めてもう20年少しになるが、始めた頃の絵の想い出を留めておきたい。

油絵を始めたのが昭和53年(1978)であるが、まあ人様にお見せ出来るようになったのは、1990年あたりからでしょう。
だが、始めた頃の小品だが私にとっては忘れられない絵がある。

昭和53年に日立ロタ−リクラブに入会して、その秋に長山画伯の元で福島県堺に近い平潟へスケッチに行った。
生憎小雨が降ってきて昼食を頂いた保養館の2階の座敷から描いたのが左のF8号である。一行7人中真面目にキャンバスを立てて描いたのは私だけで。絵に勢いが有ると画伯から大いに激励された。これを元に翌年F20号を日立市展に出品して初入選した思い出の絵である。F20の絵は会社に寄贈したので手元にないが、ほぼ同様の構図である。

ロ−タリクラブの絵の仲間で毎年1回「はぐるま会絵画展」を開催していた。 第1回には間の会わなかったが,昭和54年の第2回「はぐるま会絵画展」に出品したのが左のF6号の「枯れたひまわり」である。背景のOLIVE GREENが見事にマッチして我ながら良く出来たと自画自賛したものである。

翌年の4月上旬に裏磐梯に一ッ泊スケッチ旅行に出かけた。残雪が随分残っていて冷たかったが、秋元湖の西の堤防のところから磐梯山の特徴を捉えて2枚描いたうちの1枚である。2枚の絵を重ね合わせた時にもう1枚のくすんだ赤茶色の絵の具がくっついた。長山画箔が面白いと誉めてくれたが、偶然の所産である。それでもこのように絵を汚すのも面白いことを体得した記念の作品である。現在も寝室に飾ってある。

この6号も「はぐるま会」に出品した「シクラメン」である。後に日立の文芸誌「ぱんぽん」の表紙絵に採用してもらった記念の初期の作品である。

この6号「ドライフラワ−」も初期の味のある作品である。

これらの小品を集めて、長山画伯に勧められるままに初の個展を厚かましくも昭和63年(1988)に開催した。恥ずかしい絵も多かったが,大学のクラスメ−トがわざわざ東京から見にきてくれた。

その後は家内の書と一緒に「書画二人展」を開催した。
第3回展の出品作を次に掲載しておく。

私のギャラリーへ 一覧が出ますのでそれぞれの絵をクリックして下されば大きな絵が出ます。スライド表示も出来ます。

次へ

ホ−ムペ−ジに戻る