2005.4.26 作成

日立美協スケッチバス

HEC 美術部 スケッチの旅を兼ねて


開催日時;平成17年4月16、17日
  本年度のHEC美術部スケッチ旅行は日立美術協会主催の「戸隠連山、妙高のスケッチバス旅行」に 参加させていただいた。
 参加者はM部長以下のの8名であった。
勿論美協会員や ひふみ会からの参加も多く、全員では44名と大型観光バスは満席であった。
 私は何時もの電鉄プラザ前のバス亭から4/16の7時前に乗り込んだ!一番心配なお天気は関東は午後から崩れるが、長野、新潟の方はは晴れの予報である。
実際は2日とも快晴に恵まれ、雪山を満喫して各々健筆を振るった。
常磐、外環、関信、上越道を経由して朝からビールでのどを潤し、カラオケも歌って、午後1時ころ戸隠連山の見えるスキー場に到着した。
道路は除雪してあるが、それ以外は雪原である。
1日目は左の戸隠連山を描く。山がまぶしいが、肉眼では綺麗に見える。F6のスケッチ帖見開きでF12相当で描いた。
3時半にバスで移動、戸隠神社の近くではがき大のスケッチを2枚描く。
宿は妙高高原簡保の保養センターに泊まり、温泉につかり、会食を楽しんだ。
2日目は宿の近く妙高山を描く。

5年前には朝の風景を逃したので、4時半に起き出した。まだ薄暗い。完全武装の冬スケッチの服装だから大丈夫だが、「いもり池」は雪で水面が出ていない。波静かな水面に写る逆さ妙高はみられなかった。
 10時半に宿を出て、野尻湖に向かう。
湖の多分東側に回る。黒姫山と妙高が綺麗に見える。湖面は風がかなり吹いて漣が立っている。
午後1時に帰路に着く。7時前に帰宅した。
その模様を次のサイトに載せました。私の水彩スケッチなどを載せてあります。

美協スケッチへクリックで接続してください。
クリック、クリックで原寸大に大きくなります。


   ホ−ムペ−ジに